化粧水に含まれる保湿成分を比較しよう

スキンケアの基本でもある化粧水には、ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなど多くの保湿成分が配合されています。
どれも肌の潤いやハリ、弾力アップに効果的な成分ですが、それぞれ特徴が違ってくるので比較して化粧水を選ぶことが肌トラブルケアのポイントになってきます。

化粧水の効果に関する情報を公開中です。

セラミドは肌の表面に近い部分に存在する保湿成分で、細胞と細胞の間に水分を抱え込む働きがあります。
肌の近くにある保湿成分なので、ほかの保湿成分と比較して浸透率が高く、そのぶん潤い補充の効果も大きいという特徴があります。

セラミドのには天然セラミドや植物性セラミド、合成セラミドなどの種類がありますが、特に浸透率が良いのがヒト型セラミドです。
ヒト型セラミドは成分表にセラミド1、セラミド2と記されているので、比較して化粧水を選んでみるようにしてみましょう。
コラーゲンとヒアルロン酸は、セラミドよりも深い真皮と呼ばれる場所にそんざいします。ヒアルロン酸はセラミドやコラーゲンと比較すると、40代になると急激に減少するという特徴があります。

Girls Channel情報を選びました。

ですので、40代間近になったら意識して化粧水を選ぶように心がけてみましょう。コラーゲンには約30種類のタイプがあると言われています。



その中でも皮膚の90%を占めるコラーゲンはI型コラーゲンなので、美肌ケアを意識するなら、これを比較して選ぶようにしてみましょう。


ヒアルロン酸とコラーゲンは肌の奥に届ける必要があるので、分子が小さく加工されてものを選ぶこともポイントになってきます。